普通に生きるのが「幸せ」か「つまらない」かは命式に出る

こんにちは、さなです。

 

湿気で髪はボサボサ、
時々ふわっとめまいはするわ

やけに肩が凝るわ
ご飯はなんだかおいしくないわ(でも食べるけど)

今日は朝から安定の頭痛(-_-メ)
そんな低迷期の6月を満喫中です。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

不定愁訴の塊みたいになってますけど、
一応元気です(カラ元気です)

さて
いわゆる「普通じゃない命式」というのがあります。

何をもって普通じゃないのかと言うと

・異常干支がある(特に日干支)
・宿命中殺がある(日座中殺含む)
・大きく偏りがある

ような命式(陰占)をお持ちですと「普通に生きる」ことがしんどい、
普通じゃない=異常

ということになります。

異常って・・・(;^_^A
ちょっと勘違いなさってほしくないのですが、
良くも悪くも異常ということで

天才も異常の範疇に含まれます。

そして
「一般社会における普通」が「普通じゃない人」が
異常命式の人たち、という事になります。

わかりにく~い((+_+))ゴメンネ

私は三柱が異常干支で日干支が日座中殺の父親を持ちましたので、
この「異常性」という事が手に取るようにわかります。ナンジュウネンモソバニイタノデネ

(一般社会で言う)普通を生きようとすると本当にしんどい
(一般社会で言う)普通に違和感しかない
(一般社会で言う)普通が普通ではない

まさにそんな人でした。

このように息苦しいしかない人生をどうしたら自分らしく生きられるか、
楽に自分を活かしていけるか

父は算命学など知る由もありませんでしたが、
生きづらかったであろう我が人生を見事に花開かせました。

それでもハタ(一般社会が普通の人)から見れば
相当な変わり者で普通じゃない人でしたが、

それが父の「普通」だったのでしょうね。

このように
普通命式ではない人達というのは

実は
「普通の人では成しえない分野で人生を全うせよ」
という任務を背負って生まれてきた人達である、とも言えます。

ある意味、崇高な任務を持って生を受けた人たち。

だってさ
世界中の人たちが全部「普通」の人ばっかだったらどうよ?
エライことになるわよアナタ。
ていうか、世界がそもそも成り立たないよね。

普通じゃない命式を持って生まれた皆さん
是非ご自分に自信を持って人生を歩まれてください。

あなたには
あなたにしか成すことのできない特別な「何か」があるはずです。

枠の中でちまちまと居ることに違和感があるなら、
どうぞその枠を思い切って取っ払ってみてください。

きっと何かが見えてきます✨

「普通の人生なんてつまらんなぁ」

そう感じているのなら
今がブレイクスルーのタイミング

・・・かも知れません(笑)

逆に
「普通であること」が何よりも幸せじゃ~ないか!
そう感じている皆様は、それでよいのです。

普通に暮らし、普通にお勤めをし、普通に家庭を作り
家族が普通に暮らせる・・・

きっとそういう方は見本のような普通命式の方でしょう(`・ω・´)b
いいのです、それがあなたの役割です。

まぁたまにですね
どこからどう見ても普通じゃない命式の人がずっと普通じゃない人生を生きてきて

ある時、急転直下の「普通の生活」を送るようになった途端、
「うわ~、こんな別世界があったんだ~」
みたいなアトラクション的感覚に陥ることもあります。

日々楽しくてしょうがなくなるんですが、
数年たつと「やっぱなんか変」ってなってきますからね。

アトラクション的な時期はそれはそれで楽しんでもいいですけどね(笑)

お庭の椿の木に、
今年初めて実が生りました( *´艸`)

ツルツルしていて硬いんですよ。
これが時間が経つと四つに割れてきて、
中から種が取れるんですって。

そのままにしておくと株が弱るらしいので、
収穫して飾ってあります。

それにしても
夏本番の前からこんなに暑くて

真夏はどうなるのでしょうか・・・”(-“”-)”
皆様もご自愛くださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

天胡星の考察