宇宙の果てにいる人ーー納音ーー

こんにちは、さなです。

 

9月に入りましたね。
そして一気に秋がやって来ましたね。
今年も暑かったですから、秋の気配は嬉しいです🍂

先日Facebookの投稿に《納音》のことを書きましたら
「納音の意味が知りたい」とおっしゃられる方が2~3お見えになりまして。
じゃあちょっとここでご説明させて頂こうかな、と思い立ち
(どこまで分かりやすく書けるかが問題ですが)

キーボード叩いてます。

さて、《納音》です。

先ずはこちらをご覧ください

こちらの図は、算命学で使用する《六十花甲子表》です。

自前のものを写メで撮ってますので、
ちょっと見にくくてごめんなさいね。

これは「宇宙盤」と言いまして、
てっぺんから見ますと
干支番号一番の「甲子」から始まり、
時計回りに六十の干支が順番に回ります。

ご自分の干支がどこにあるかを、まず確認してください。

その時に確認する干支は《日干支》です。
(日干支は、その方自身を表す干支です)
命式表に出されている宿命の三本の柱は、
左から《日干支》《月干支》《年干支》の順で、

EX)
乙 丙 辛

卯 申 丑

*今日生まれの方の命式です。

この方の場合は、日干支=乙卯・・・という事なので、
「私は乙卯だよん♪」という事になります。

さて、この乙卯さんと納音の関係になる方はどなたでしょうか?

次にこちらの表をご覧ください。

上の表のピンクの星が置いてある干支にご注目。
(またしても分かりづらくてごめんなさい)

52乙卯さんから宇宙盤の中心を通って対極にある干支は何でしょうか?
22乙酉さんですよね?

この関係を《納音》の関係と言います。

ご覧の通り、宇宙(盤)の一番果てにいる人です🌎
壮大な宇宙のロマンですね✨←意味が分からなくてすいません。

この納音というのは

天干(十干)同じ
地支(十二支)真反対という事になります。

真反対=算命学では《冲動》ちゅうどうと言うのですが、
散法では「一番激しいぶつかり合い、壊しあい」となります。
そしてこの《冲動》の中で最も強烈なのが《納音》です。
(更に激しいものを天殺地冲と言います)

人間関係においての納音の関係は

・夫婦
・友人
・恋人
・仕事関係

など、出る現象と意味合いはそれぞれ微妙に違ってきます。
これが宿命にある場合を《宿命納音》と言います。

 

それではここで、納音の活用方法~♬

大運や年運、或いは月運や日運で《納音》が回って来るタイミングは
断捨離に最適。

「納音の時に自分にとって不要なことを手放すと、
その後自分にとって必要なものが入って来る」んですよ(`・ω・´)b

ご自分にとっての《納音》がいつなのか、
鑑定の際に聞いてみてくださいね。
何がその人にとって不要なのかは、人それぞれですが、

・会社を辞める
・人と別れる
・タバコ・酒をやめる
・悪習慣を断ち切る
・SNSの整理をする
・ダイエットを始めてみる

ポイントは「自分にとって不要だと思う事」です。
それを納音でやめると、その後の運勢が上がってきます。

そして、新しい人生が拓けてきます✨

納音の活用方法、わかりましたか?

ちょっと話を人間関係の《納音》に戻しましょう。
この《納音》の関係が成立する間柄というのは実に不思議です。
自分と言う人間の、真反対に位置する人・・・と言うのはですね

「自分とは全く違うものを持った、魅力的な人」に映ります。
(あくまでも”その人にとって”です笑)

何故か気になる
今までに出会ったことのない不思議な新鮮さ
興味が尽きない相手 etc etc

男女(恋人)の関係で《納音》が成立したら
♬巡り逢えた 時から 魔法が♬・・・溶けなくなります(笑)
byサザンオールスターズ”TSUNMI”

磁石のS局とN局みたいにくっついたら離れない。
でも、相性は良いのか?と言うとそれはまた別問題。
別れようにもなかなか別れられず、腐れ縁になりやすいNo.1に輝きます✨

天干(精神)は同じだけど、肉体(現実・行動)は真逆
って言うのが《納音》です。

ややこしいね。
そう、算命学ってややこしくて深いです。

色々書くと文才のない私は、
皆さんをこんがらがらせるといけませんのでね(^▽^;)
ここら辺でやめておきます。

詳しくお聞きになりたい方は、
個別の勉強会にお申し込みください(笑)

とりあえず、ご自分にとっての《納音》を調べてみましょう!
そしてもし身近に納音の人がいたら・・・

どんな感じかコメントくださると嬉しいです(*^-^*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です